ごみ屋敷問題と法律について

ニュースなどで度々話題に上がるごみ屋敷問題ですが、その家の周辺に住む人にとっては、不快に感じることも多いかもしれません。
しかし、法律的には、集められているものがコごみであるのか、財産であるのかを判断することが難しく、強制的に撤去することが出来るか否かも判断が困難であると言えます。
自治体の中には、独自の条例を設けているところもあり、強制的に撤去することが出来る場合もあります。
このような条例を設ける動きは全国的に広がりを見せつつあります。
ただし、一度ごみと思われるものを撤去したとしても、また同じような状況になるケースは非常に多く、その度に撤去していたのでは意味が無いという状況にもなりかねません。
そのような状態になっている理由として、自分で自分を管理することが出来ていないということがある可能性があります。
そのような場合には、管理することが出来る人が後見人となり、生活環境を整えるという場合もあります。

Copyright© 法律 ごみ All Rights Reserved.

ごみ屋敷問題と法律について