ごみの回収と法律の関係

昔の日本において、日常生活で発生したごみは、家庭で処理することが一般的でした。
例えば農家であれば、自分の所有する田畑で草刈りをすれば、それを畔などで燃やしました。
また、町で生活する人であっても、庭に穴を掘って埋めたり、燃やすことが多かったのです。
ところが世の中が近代化することによって、そうした家庭での処理が、難しくなってきました。
そこで日本では、行政がごみ回収を行うようになってきたのです。
行政が行うことというのは、ほとんどは条例などを定めることから始めます。
そのため新たな法律が、必要に応じて定められるようになってきたのです。
例えば、回収のためにトラックで輸送するのですが、その際に爆発すると、人命にかかわります。
とくに、スプレー缶などは、なかに可燃性のガスが残っていることがあるのです。
そのため条例で、スプレー缶のガスを抜いてから出すように、定められていることもあります。
このように、ごみの回収と法律は、大きな関係があるのです。

Copyright© 法律 ごみ All Rights Reserved.

ごみの回収と法律の関係